常日頃+カムアゲイン+

個人的な感想とか日記とか。

男鹿その1。ゴジラ岩~五社堂。

先日男鹿に遊びに行ってきました。

一日でぐるりと回ってこようと思ってたんですが

最初からはしゃぎすぎて時間オーバーでした。

続きはまた今度行きます。いやー、楽しかったです。

 

今回のなまはげ像、三連発。

f:id:sakuma324:20160716223923j:plain

左から総合観光案内所のなまはげさん、男鹿の入口なのでよく出会う。

真ん中が五社堂近くのなまはげさん、近くで海鮮物販売されてます。

右が男鹿温泉郷なまはげさん、それなりにおっきーです。

 

えっとまずは、

そういえばゴジラ岩、記憶にないね、ということで寄ってみました。

f:id:sakuma324:20160716224545j:plain

f:id:sakuma324:20160716223940j:plain

正直、ここ楽しすぎて油断したら一日中遊べてしまいそうな場所です。

岩がですね、いろんな地層に分かれてるというか岩質の違いが

そこかしこに溢れてて心ときめくんですよ。

この日は31度までなったらしいんですが、まあ気にならないぐらい

楽しいのです。ここ一か所だけで蟹を見て海老を見て小魚を見て

クラゲを見てヤドカリを見て、

もう海でやること殆ど果たしたんじゃない??ぐらいの盛り上がり。

危険です。このままだとここで時間を使い果たしてしまう!!と

いうわけで、折り合いをつけて出発。最初からいきなり楽しすぎた。

f:id:sakuma324:20160716223958j:plain

山!!と、海!!!が、混在してるんですけど、最高に綺麗。

海は凪いでて風はそよいでて、空気は澄んでる!

なにここ!楽しい!車で北上してるので右手に山、左手に海、のまま

走ってくわけですが、景色が良すぎて、たまらないなぁと。

あとは真澄ちゃんとの追いかけっこですね。

真澄ちゃん参照→菅江真澄の足跡と秋田・再発見

至るとこに真澄ちゃんの標柱があるので、それを見かける度に

寄っては説明を読んで、真澄ちゃんさすがぁ!と笑ってました。

だって本当に至るところにいるんですもん。それがある時、急に姿を

消してしまい、そんなまさか!いまこの瞬間に私たちは真澄ちゃんを

越えてしまったの!?と笑ったんですが、しばらく行ったらやっぱり

また町中で真澄ちゃんの標柱が再び現れたので、さすがぁ!です。

 

で、今回の目的のひとつ、五社堂です。

本当は御朱印欲しかったんですけど、社務所が無人でした。

か、悲しい。ここまで登ったのになーと思ったんですが、

最終的に気持ちも気分も良かったので問題なしです。

次回は貰えたら嬉しいな。というわけで、五社堂です。

 

入口が最初わからなくて、やたらと長い距離を歩いてしまうとこ

でした。ここではないな、と、もうちょい運転続けたら駐車場が。

良かった、無事に辿りついた!

f:id:sakuma324:20160716224022j:plain

お隣には長楽寺さん。多分最短ルートはそこの駐車場で間違いないはず。

ちょっと油断してたので、999段登らないと辿りつけないとは

思いもせず(普通はちゃんと気づく)登り始めてから気づく。

あれ?長くない?遠くない?確かに入口に竹の杖がいっぱいあったけど

まさかあれを使えとこということだったか!と。

中腹あたりで降りてきた老夫婦に「お!若いものは流石!杖なしか!」

と言われたんですが、違うんです、山を…山をナメてたんです…!

朝一から31度の気温の中、汗だくです。

階段ももはや岩階段。大きさも何もかもバラバラ。

鬼…!おのれ!お前、ちゃんと丁寧な仕事しろ!と茶化しながら

なんとか!登りきりました!ひゅー!

f:id:sakuma324:20160716224056j:plain

登りきった先には覗いて自分の姿がぼやけたら死期が近いとかいう

井戸が。迷わず覗き込んだらくっきりはっきり映ってて安心しました。

「姿見の井戸」です。名前、そのまんまですね。

 

ところで五社堂とは、赤神神社 五社堂公式ページ にある通り、

なまはげの由緒となったような言い伝えのある場所です。

中国の武帝さんが連れてきた五匹の鬼がお休みの日に悪さをするので

夜明けまでに五社堂まで千段の階段を作れたらよし、ダメなら全部

我慢する事!と約束させて、いざ作らせてみたら完成してしまいそうな

勢い、村人が慌てて「コケコッコー!」と詐欺して作業を中断させて、

追い払ったそうです。なので999段。

鬼は怒り狂って手近にあった巨大な杉の木を引き抜いて逆に刺した、

とかいう「逆さ杉」ってのがあって、それは社務所に残ってました。

(真澄ちゃん曰く、五匹の鬼は五色の蝙蝠い関係してるのでは!

とのこと。面白いな~。※厳密には真澄ちゃん曰く、ではないです)

 

五社堂、800年祭をやっていると聞いたので、それならばきっと

行けば活気づいているに違いない!と思ってやってきたのですが

閑散としてました。まあ、いいのですけれど。空気は美味しいし。

お札とかは人の良心を信じるスタイル。その心意気やよし。

記念にお札買おうかどうか迷ったんですが、記念というのも何か

違う気がしてやめてきました。ああ、御朱印が頂きたかった…。

f:id:sakuma324:20160716224120j:plain

降りる時はわりとひょいひょい降りれます。

(岩階段以外の場所は粘土質の土なので湿ってると危ないですが。

とりあえず数日経っても筋肉痛になることもなかったので、そこまで

きつい階段ではないです。登ってる時は2度ほど絶望しましたが)

 

戻ってちょっと歩いてお隣の長楽寺さんへ。

こちらでも御朱印頂きたかったんですが、お留守だったので断念。

お寺の真正面が海なんです。綺麗な長椅子が置いてありまして

そこに座ると、とにかく美麗な景色。現世を忘れてしまいそう。

ここも、ずーーーっと座っていられる、というか時間泥棒がいる!

と気づいて帰ってきましたが、とても綺麗な空間でした。

次回は宝物殿も見てみたいし、御朱印もいただきたいな、です。

f:id:sakuma324:20160716224140j:plain

 

長いので分けます。この後は水族館に行って入道崎その他まで

行ってきました。道中も行先も楽しかったです。