読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常日頃+カムアゲイン+

個人的な感想とか日記とか。

秋田城跡。

f:id:sakuma324:20160530222946j:plain

◎この可愛い子ちゃんは誰でしょう。

秋田城跡マスコットキャラクター『秋麻呂くん』です。

そう紹介してね!とあったのでそのまま紹介しました。

 

秋田城跡歴史資料館(HPはこちら)の子です。

なかなかきっちり作り込んであって、いろんな表情があって

いそうでいない、うまいとこついてきたキャラです。

正直めっちゃ好みなので大好きです。

グッズが出たら買う勢い。ないそうですけど!

 

f:id:sakuma324:20160530224727j:plain

先月、新しい歴史資料館が出来た!とニュースで見たので

じゃあ行こう!と出かけてきました。面白いとこでした。

何が、というと、笑いが絶えないというか。

凄くいいものが詰まってるんですよ!でも大体すべてが

途中で力尽きているという失速感も感じる。なぜ!

開館前のチェック、ちょっとだけ甘かったんだろうなー。

(誤字が多くてシールを貼って直してる個所多数、御愛嬌)

 

f:id:sakuma324:20160530224844j:plain

遊びに行った時はまだ桜の季節だったので

素敵なお花見になりました。眼福!

 

あとは続きからどうぞ↓。

 

出来たばかりだったのですが、

受付の皆さんの並々ならぬサービス精神を感じました。

いや、接客がうまいわけでは決してないんですが、

来訪をやたらと喜んでくださる方々なのでまた来ようかな

という気持ちになるという。実際何度か行きました。

入館料が200円で、年間観覧券が300円。

二回で元が取れるし、名刺サイズの年間観覧券のデザインが

面白くて好きなので(実物見てください、署名する場所が

こう来たか!という感じで凄く好きです)せっかくの施設だ、

ちょっとだけ投資しよ!の気持ちでそっちを買いました。

 

話を聞くと県外からも結構来ているみたい。

ただ、そもそもの話なんですけど、私の周囲、誰に聞いても

存在を知らないという人ばっかりで、もうちょいちゃんと

宣伝すればいいのにな、もったいない~!と思ったので

ちょいとブログに書こうかな、と。

最近は行ってないんで盛況なのかどうかはわからんのですが

思ったより人は来てる、みたいなことを仰ってました。

(でも年間観覧券、最初200枚程しか刷らなかったのか、

二回目に友人を連れて行った時にはそのものがなくて臨時の

控えの紙を渡されてました。そんな!名刺サイズなんだから

1000枚ぐらい刷っておけばいいのに!と思いました)

 

ちなみに秋麻呂くんが気に入りすぎたので、何でもいいから

グッズとかないのかな~と受付の方々に聞いてみたんですが

素敵な笑顔で「着ぐるみの秋麻呂くんがいますよ~!」という

返事が返ってきました。あ、意味が全く伝わってない。

違うんだ。着ぐるみはそれはそれでいいんだけど、そうじゃない。

私はグッズが欲しいの。ないならないでそれでいいけど、質問に

対する答えはそれじゃない…!と苦笑い。

「じゃあいつ会えますか??」と聞いてみると

「イベントがある時に」とのこと。だからそれはいつなんだ??

「いつイベントがあるんですか?」と重ねて質問すると

「まだ未定です」……だから、いつ会えるの??である。

「そういうのってどこでわかるんですか?」としつこく質問。

「あ、HPとかチェックしてください(笑顔)」

……笑顔はいい。とてもいい。声も話し方も優しい。

でもそうじゃない、そうじゃないんだ…!

なんでこっちが常にチェックしてないとわからない仕様なのだ、

仮にもどころか堂々たる市立施設なのに…!!

と、そういう辺りの意思疎通がスムーズにいかないあたりが

さすが県の施設だなぁ、とよくあるやつだったんですが、

受付の皆さん、人がいいだけに、すごく不思議な気持ちに。

この資料館を宣伝するつもりはあるのだろうか……と。

まあ、それは私の心配するとこじゃないんですけどね。

ただ凄く素敵な場所なので勿体ないな~と何度でも思う。

 

中はなんと撮影自由。太っ腹。

f:id:sakuma324:20160530231607j:plain

f:id:sakuma324:20160530231506j:plain

この中がわりと面白い。そんなに広くないんですけど

けっこういろんなものが置いてあります。

模型も楽しいよ。(スイッチを推すと光って場所がわかる)

都からの使節役人さんの泊まる場所、微妙に遠くてその扱いに

苦笑いしたのも楽しい思い出。どこに何があるのかとっても

わかりやすいので、想像しやすくてとてもいい。

 

でも私のイチオシはこれ!!!

f:id:sakuma324:20160530224821j:plain

入ってすぐのところに展示してある煉瓦に描かれた絵!

悪霊払いの意図で井戸に沈めてあったんだとか。

というわけで、水に関係するものなんだろうなぁ~と

友人と眺めてたんですが、ええと、答えが、出ない!のです。

上は龍。わかる。なんとなくわかる。そんな感じする。

問題は下。これなんだかわかりますか?

「……カブトムシ!!」と友人が言ったせいでその後はもう

ずっと脳内カブトムシしか浮かばない呪いにかかりました。

全ての説明を読んで、その場で見れる映像も全部チェック。

答えがわかるまで、もう気になりすぎてどこにも行けない!と

入口ですでに十数分も経ってしまったのでした。

ちなみにその場で答えは出ませんでした。

だって回答がないんだもん。カブトムシは却下して次に進んで、

と見ていたら館内のお姉さんが「これ、面白い絵ですよね」と

呪いの小道具の置いてあるあたりで声かけてくださって、

あ、学芸員の方かな!!と、即座に「すいません、これじゃなく

もっと気になるものがあるんですけど!!」と入口に戻る。

確認取りました。なるほど納得、確かに水に関係があった!!

答えはぜひ施設内で親切なお姉さんたちに尋ねてください。

多分笑顔で教えてくれると思います。

ちなみに納得とはいいましたが、それが水に関係するという

事に納得しただけで、これがそれだとは納得してません。

昔の人の絵心が凄すぎるのか、かつてこんな形をしていたのか

定かじゃありませんが、もうほんとおかしすぎてずっと笑って

ました。よし、近いうちにまた見に行こう。

 

そして館内で何度も推しに推されたのが水洗トイレ。

8世紀中頃には秋田にもう水洗トイレがあったそうで。

それを何度も何度も推してくるんです。

(実際そこから見つかった寄生虫とかを分析した結果

渡来人が来てましたよ、なんてのがわかったというのだから

凄いというのはよくわかる。説明もとてもわかりやすかった)

受付の人たちがとにかく推すし、実際あった場所に同じものを

再現してある!と笑顔で言うので、じゃあ見に行こうか!と

館外に出ました。

そう、館外が広いんです。凄く開けた空間があって、

天気のいい日のお散歩にはすごくいい場所!のどか!

復元された門もとても素敵。

f:id:sakuma324:20160530224837j:plain

(史跡公園は資料館とは道路挟んだ反対側にあります)

 

ではいざ行かん、復元された水洗トイレ!

……と探し求めて行ったところ。

f:id:sakuma324:20160530224840j:plain

あったけど。外観はわかったけど。実際入口まで

行ってみたところ、入れない!!どころか閉じてる!

凄く凄く推してるのに、中が見れない!!

意味がわからない!!!なんでだ!ともはや笑ってしまった。

ある意味、期待以上の展開で面白くて仕方がなかったです。

見れないなら推さないで!!なのである。

悪気が一切ないのが凄い。そこまで言うならこっちは中も

見たいじゃない。でも見れない。なのに悪意なし。すごい。

f:id:sakuma324:20160530222634j:plain「よきにはからえ」

 

建物の土台もあちこちにあって、おおー!と見に行くんですが

全部説明が「建物」だけ。わかる。わかってる。

そりゃー建物の土台だ!でも模型にはちゃんと何の施設かの

説明があったじゃない…!現地でもちゃんと説明おくれよ!と

笑いながら期待を裏切らない「建物」を全個所確認したので

ありました。ブレない。もうちょい頑張って!

 

f:id:sakuma324:20160530224852j:plain

f:id:sakuma324:20160530224904j:plain

そしてまさかの野ざらしの模型。ガードはなし。

防犯カメラ作動中だそうですけど、それも大事ですけど

雨風からも守ってあげてね…!かわいそうに!

復元された大通りもいきなり途中で終わるんで、そこまで

歩いていくと困り果てることになります。横からそっと

別の道に抜け出るしかないんですが、優しくない、そこは

本当に優しくないのです。まだ発掘中だからだと思うけど

その説明があるわけじゃないから「???」となる。

それでもそのツッコミどころが面白すぎて何度も足を

運んでるわけなんですけどね。散歩すると気持ちいいし。

あ、あと井戸。東屋と椅子と井戸のバランスがおかしい。

井戸の位置とベンチの位置が普通なら逆だと思う。

思うがそういうものだというのなら仕方がない。受け入れる。

しかし、ちょっと危ないので子供は野放しに出来ないかな。

でも地域密着型の公園でもあるのか、自由に遊ぶわんこや

学校帰りぽい子供や学生さんがいっぱいいました。

んで、楽しそうに遊んでて微笑ましかったです。

 

ついでに言うとお隣が護国神社。こっちも桜が綺麗でした。

あ、護国神社の御朱印欲しいな。今度行こう。

f:id:sakuma324:20160530225319j:plain

 

そんなこんなで全く説明になってないんですけど

資料館としてはしっかり今までの発掘の結果報告を

してくれているし、のんびりリフレッシュも出来るし、

私は好きだな、という場所なのでした。

 

私、秋田城跡にまつわるあれやこれが凄く好きなので

(原住民の皆さん気が荒くて馬で乗り込んできちゃうから

他に比べて城壁が高いとか、後半はここに役人来なかったとか)

凄く興味があった場所で、だからこそ城壁復元というのは

すっごく嬉しいのでした。見た目も立派だし。

城壁も唐突に終わるけど。

いつか書こうと思ってたけど、全くまとまらなかった。

なんにせよほのぼのするんでお散歩リフレッシュにどうぞ!

という場所です。のどかで癒されますよ。

 

…ちなみに最近、公園にだけ遊びに行ったら、

復元した土台の下から草がぼうぼうに生えてきてました。

何故、そこをちゃんと処理しなかったのか不思議でならない。

経費削減?と思いつつ、やっぱりどこからどこまでも

勿体ない~の連続なのでした!廃墟にならないでね~!