常日頃+カムアゲイン+

個人的な感想とか日記とか。

秋田城跡。

f:id:sakuma324:20160530222946j:plain

◎この可愛い子ちゃんは誰でしょう。

秋田城跡マスコットキャラクター『秋麻呂くん』です。

そう紹介してね!とあったのでそのまま紹介しました。

 

秋田城跡歴史資料館(HPはこちら)の子です。

なかなかきっちり作り込んであって、いろんな表情があって

いそうでいない、うまいとこついてきたキャラです。

正直めっちゃ好みなので大好きです。

グッズが出たら買う勢い。ないそうですけど!

 

f:id:sakuma324:20160530224727j:plain

先月、新しい歴史資料館が出来た!とニュースで見たので

じゃあ行こう!と出かけてきました。面白いとこでした。

何が、というと、笑いが絶えないというか。

凄くいいものが詰まってるんですよ!でも大体すべてが

途中で力尽きているという失速感も感じる。なぜ!

開館前のチェック、ちょっとだけ甘かったんだろうなー。

(誤字が多くてシールを貼って直してる個所多数、御愛嬌)

 

f:id:sakuma324:20160530224844j:plain

遊びに行った時はまだ桜の季節だったので

素敵なお花見になりました。眼福!

 

あとは続きからどうぞ↓。

続きを読む

パスタでポン!

f:id:sakuma324:20160529225712j:plain

 友人から、奈良から美味しいポップコーンのお店が来てるよ!

美味しいよ!!と連絡が来たので先日待ち合わせをして

仕事の帰りに行ってきました。

 

なんか陽気な店長?さんがにこにこしながらめっちゃ

試食させてくれる。種類もやたらと多い。

 

お店はこちら、ファッジ・コンシェルジェさん。

私は全く詳しくないんだけど、有名なお菓子やさんなのかな?

種類が多いんだけど、全部美味しい。

そんでもって店長さんがいきなり美声で歌い出すのが凄い。

前職がそっち系、て仰ってましたが、ほんとによいお声でした。

あと、なんというか、楽しい空間なのでまた行こうかな、という

気持ちになりますね。

塩キャラメル味のパスタを揚げたお菓子、触感も味も癖になる

感じで、あーこれもっと食べていたい、となる一品でした。

オリーブオイルとチーズのポップコーンも程よく美味しい。

また来た時は買いに行こう!と思いました。

 

そういや今日で審神者歴丸500日でした。

随分長いこと楽しんでるなぁ。いろいろありましたけど、

これからものんびり楽しく遊べたらいいな、なのでした。

 

あ、友人とお寿司食べに行ったんですけど、

お勧めがですね、ほんさわらと炙り〆さばで、これがもう

めっちゃくちゃ美味しくてですね。おかわりしました。

マグロユッケと鯛も美味しかった。また行く。

スノーホワイト 氷の王国

というわけで、見てきました。

想像通りだったので私は満足ですが、なんとも人に勧めにくい映画でした。

 

大前提として、私はクリヘムが大好き。

そして前作スノーホワイトは私にとって今まで見た映画の中でも

ワースト3に入るぐらい酷かった映画、という記憶。

(内容が何かしらの映画の繋ぎ合わせ、展開が雑、入り込めない、

クリステンが国境を越えてわかる大根、吹き替えでの小雪さんが

合ってなさすぎて悲しいというか気に障るので見れない等々…)

 

たまに内容どんなだったかな…て思うんですけど、劇場で見た時の

がっかり感と自宅で見た時の吹き替えの切なさで見直せずにいるし

まあ見直さなくていっか、て気持ちなんですが、

クリヘムが主演スピンオフでハンツマンをやると聞いた時から

すっごく楽しみにしていたのでした!

監督も変わって前作主演も出てこない、と知ったあたりから

俄然楽しみは増すし、ラヴェンナ様続投もとにかく嬉しい、

エミリー・ブラント大好きだから嬉しい、ジェシカ参入と知って

おねえさま(クリムゾンピーク)だ!!となったわけで、

単純にキャスト目当てという気持ちなら大正義な映画でした。

 

で、ここからようやく今作の感想なんですけど、

文句など何もないが、賛辞も一切ないぜ!でもキャストが

全員大好きな人だったんで満足しておりまーす!です。

 

続きから思ったこと書きます。ネタバレあると思うのでご注意。

続きを読む

久しぶりに。

しばらく仕事が忙しくてブログ更新してなかったんですが、

時間が経つと書き留めておきたいことが増えて脳内が

いっぱいになってきちゃうし、指が何か打たせてくれ!と

主張するので久しぶりに忘備を再開することにしました。

 

またいろいろ書いていけるといいな、と思います。

特に今月は楽しいことがいっぱいあったので自分の

ためにも書き残しておきたいところ。

今月も来月も見たい映画がいっぱいで幸せいっぱい。

 

ところでとうらぶなんですが、極ごこちゃんめちゃ

可愛くてたまらんな!と思いながらやってるんですが

(開始日スタートからの相模住民です)

今回の大阪城、35階の敵が妙に強くて、???と

なっております。もうー!

でも他の子の極も早く見たいので頑張ります。

今年はイベントが矢継ぎ早でありがたいな。

早く宗三を極にしてあげたい!

 

あ、ここ数ヶ月で見た映画メモ。

・アーロと少年

・Mr.ホームズ名探偵最後の事件

暗殺教室 卒業編

・バッドマンVSスーパーマン

・レヴェナント

キャプテンアメリカシビルウォー(字幕、吹き替え)

・ズートピア(数回)

・殿、利息でござる

スノーホワイト 氷の王国

 

見たことを後悔して二度と見ないと思ったのはアーロ~。

今後何度でも何度でも何度でも見たいのがズートピア。

早く続きが見たくて仕方がないし自分にとって最高な

映画だったのがシビルウォー。

想像と違ったけど感動してやばくて即原作買った利息。

スノーホワイトはクリヘム目当てだったけど想像通りの

仕上がりになってて、ある意味笑った。

そのうち個別に感想書きたいです。はい。

佐竹氏に 関する歴史学習会

博物館での徳川将軍家と東北の企画展の繋がりで

佐竹氏に 関する歴史学習会に参加しました。

上記の記事でも書いたのですが、

丁度小野寺氏の居城や彼らの繁栄と滅びに関する場所に遊びに行った

ばかりだったので、タイムリーに知りたかったことを理解する機会でも

ありまして、数重の意味で面白かったです。

関ヶ原の戦時における中央と東北関係に関する勉強会だったので

疑問はほぼ解けた、という。ありがたいタイミングでした。

 

地元の武将の歴史(佐竹さん)、今までに言われている左遷とは

ちょいと違うみたいだよ、という説なんですが、

凄くわかりやすい流れがあったのでむしろ納得してしまいたい。

なんでも4年前に徳川宗家の方が、左遷じゃないんですよ、と

仰っていたそうです。大変興味深い。

(先生からの又聞きですが、嘘はつかないと思います笑)

 

左遷説が大きく描かれているのが三河物語なんだそうですが、

あれを書いた大久保彦左衛門という方が、どうやらいわゆる

報われない旗本だったらしく、出世から外れてしまった人だとか。

なので出世争いで負けた本多さんのことを「僻んだ悪口が多い」と

書いてみたり、旗本困窮時期ということもあり、

ある意味国替えで成功してしまった佐竹氏の悪口も書いた、

みたいな説が出ているそうです

とりあえず早い話が三河物語関ヶ原当時の家康さんの考えとは

同一視は出来ないそうです。世情が繁栄されている…。面白い…。

 

簡単に言うと、関ヶ原当時の佐竹氏に明白な落ち度はないらしい。

佐竹氏の来歴に秀吉に可愛がられていたというものがあって、

水戸城も秀吉から貰ったもの、ということで、豊臣色が強すぎた。

だからこそ今後は徳川勢という姿勢を明示するために

宛行状を書いた可能性があり、ある種の禊として国替えを経てから

徳川グループに仲間入りを果たしたらしい、という話、

先生の話し方が面白くて笑ってましたが、確かに土地代えで藩主が

うまいこと統制が取れるようになったらしく(その前はちょっと

身内でゴタゴタしてたそうです)、生き生きとやり取りしてた、と

聞いてそういう事情もあるんだなぁ、と感心しました。

 

つまりノット左遷、再編入措置!ということらしい。

というより、その当時の徳川家に勝手に諸大名の処分をする力は

まだなかったそうなので。佐竹はある意味特別枠だったとか。

(その辺りも詳しく聞いたのですがとりあえず割愛。面白かった)

二重公儀体制を作ろうとしていた、という説も初めて聞いたので

そんなことが!とわくわくしました。

いろんな思惑や説を聞くのはとにかく面白いんです。好きなんです。

なので、思い返す度に楽しいです。他にもいろいろ勉強になりました。

自分なりに内容をまとめて思い返すと、たくさんの部分がスムーズに

繋がっていく感覚があって、それがとても好き、と再認識です。

興味が沸いてからの方が理解力が増す方なので、

次はさらに別のことがスムーズに頭の中に構築出来そうです。

 

というわけで、こういった機会に恵まれたことがありがたいなぁと

改めて思ったのでした!また何かしらの学習会に参加したいです。

ありがとうございました!

特別展徳川将軍家と東北

f:id:sakuma324:20160914210850j:plain

先日、博物館の特別展に行ってきました。

徳川将軍家と東北」という企画展です。

 

展示数が予想以上に多くてびっくり、嬉しかったです。

た、楽しかった…!

刀目当てで行ったというのが大前提としてありますが、

元々古美術が大好き、歴史に関するものは何でも好物な

ものですから、どこを見てもパラダイスです。

相当じっくり見てきました。

ファンシーな小物が多くて心が和みます。

銀細工はとにかく美しい!雅!細かい!凄い!!と

語彙など忘れて惚れ惚れしましたし、蒔絵香合や

香炉に惹かれて、しばらくその場で見つめてました。

ありとあらゆる種類のものがある!という感じで、

日常の着物や戦に関するもの、絵巻に自筆書など

盛りだくさんでした。これで入場料1000円……。

ときめいてばかりの時間でした。東照宮関係は問答無用で

心躍りますし、複製とはいえ三猿や眠猫もじっくりと

見ることが出来てテンションが上がるばかりです。

(歴史に関する場所にはいろいろ行ってるんですが、

思い出の中で一番古く鮮明に記憶に残っている場所が

東照宮なのです。一番好きな場所は平泉ですが!)

 

御所人形だけはめちゃくちゃ怖くて正視出来なかったのですが

(当時の姫君方はあれを可愛がっていたのですな…!)

絹糸で作った熊人形なんかは本当に可愛かったです。

装飾品の美しさはやっぱり群を抜いてて、さすが…と

目を奪われました。嬉しいなぁ、あんなに美しいものを一堂に

会したところを見れるなんて、幸せです。

蒔絵扉もおっきくて存在感が凄かった。

凄く凄く魅力的だったのは、紅葉山鎮座稲荷額です。

狐さんがちょっと怖かったんですが、好きです。

 

で、刀なんですが、とにかくいろいろあったんですが、

私は御法御太刀という刀に一目惚れしてしまって、

あらゆる角度から何度も何度も熱視線を送ってきました。

f:id:sakuma324:20160914211225j:plain

(図説より参照)

展示の仕方がまずかっこよくて、入れ物である御筥も蒔絵で

仕立てた美しく素敵なもので、両方合わせて物凄く好み。

私、直刀が好きなのかな。そして、展示状態の写真が欲しい!と

思うほどに飾り方が素敵でドキドキが収まらなかったです。

撮影禁止は当たり前かもですが、本当にあのショットが欲しかった。

あの状態でのポストカードが出てくれたら買うのに!です。

無名だけど、武蔵の法城寺國正作じゃないか、と言われてるそうです。

前期に展示されていた玉纏御太刀と非常に良く似ているらしく。

そっちも見てみたかったなー!扱いとしては神宝太刀だそうです。

こうしてまた思いを馳せるだけでドキドキしてくるぐらいなのだから

相当に好きになってしまったんだろうと思います。

綺麗すぎる、というか、なんでこんなに美しいのだろう、と

じーーーっと見ていたら気づいたのですが、ケース内は

24.5度、湿度58パーセントに保たれていました。

ふむふむ!と思わずメモ。やっぱ保存にはいろいろと気を使って

調整してるんだなぁ、と改めて感心したのでした。

御筥は金梨子地に牡丹唐草の模様と葵紋が蒔絵されてるそうで

(説明を見ました)、写真では届かない現物の美しさがそこにありました。

また見たい気持ちでいっぱい。

普段は東照宮の宝物庫に保管されているそうです。

 

目玉になってた来国光の太刀は、こう、シュッとしてる、ええと、

イケメン!て感じの太刀だったのですが、

拵えが打刀状態で展示してあったので「??」と思って説明を見たら

家康は打刀として使っていた、というようなことが書いてあって

そういう扱い方もあるんだなぁ、となんだか少し笑いました。

仙台東照宮脇差もあったんですが、どんだけだよ!てぐらい

巨大な脇差で、見た瞬間にぎょっとしたし、鉈かよ!と心で

突っ込みを入れてました。いやー、びっくりしました。

太刀の雲次が特別展示されてたようなんですが、こっちは

むしろ好きじゃないというか、怖い、という感じで近寄り難く、

妙な気持ちになりました。刀にも相性とかあるのかな。

 

和宮様所用の守刀台を眺めながら、刀はこういう台に大事に

置かれたりするわけなのね、と頭の中でいろいろなことを

夢想してたんですが、その隣にあった袖机の取っ手が物凄く

きらきらしていて、銀なのかな?素敵だー!と意識はあっちへ

ふらふら、こっちへふらふら。魅力的なものが多すぎました。

前期に行けなかったので初花見れなかったことだけ残念です。

f:id:sakuma324:20160914210858j:plain

会場内に置いてあった中身チェック用の図説が

物凄く綺麗だったので大喜びで購入しました。

フルカラーの写真と個別の説明が詳しく載っているのでお得な気分。

何より護法御太刀の写真がいつでも見たかったので大満足です。

そして、申し込んで参加した歴史学習会も物凄く興味深かったです。


歴史には諸説ある、というのは常のことですが、

最近の研究の結果で説はさらにさらに増えてくものですよね。

その中でも信憑性が高そうになってきたものや、

もしくは今回の学習会の担当の先生が推していきたいと思っている

諸説の一つを年代に照らし合わせながら説明してくれたのでした。

資料もわかりやすくて、こういうアプローチで関ヶ原の戦い

見たことがなかったので面白い!と、とても勉強になりました。

こういう形の勉強会がある時はまたぜひ参加したいと思います。

 

***

上記に書いた勉強会での話はこちら↓

川連塗りフェア、稲庭城

f:id:sakuma324:20160914220920j:plain

先日川連塗りフェアに行ってきました。漆器大好き。

期間は10月16日~19日の四日間で、今年も楽しかったです。

なんだかんだで毎年行ってるんですが、

毎年ちゃんと新作があるのが凄いなぁって思います。

今回は青と紫が増えたなー、とか、緑の使い方、好き!とか

いろいろあるんですが、ついにグラスも出たのか!でした。

黒磯とかも好きなんですけど、毎度私が楽しみにしてるのは

棗と香合なのですが、今年も素敵なものをたくさん見れました。

 

今回はいつもあった体験させてくれるコーナーはなかったんですが、

会場で沈金と蒔絵の実演はされてました。綺麗だったなー。

沈金のおじいさん、気さくで優しかったです。

 

それで、なら別会場(前は体験コーナー)では何をしてるんだろう、と

思ったら、今回は同市華道会さんによる生け花が展示されてまして、

わああ、斬新!!と思いました。飾り方も派手に面白いことになってて

何よりまさかの漆器に生けている!という…!

滅多に見られるものじゃないなー!と目に焼き付けてきました。

すごくすごく綺麗でした!思いつかないような生け方してるものが多くて、

うわー!と歓声あげちゃいました。

他には盃百景という、いろいろな盃を展示も併催していて、

小さいのから大きいのまで様々!中に自分の家と同じ家紋を

見つけてにこにこしたり、素敵な色合いにドキドキしたりしました。

f:id:sakuma324:20160914220945j:plain

こちらではいつも稲庭うどん茶屋(物凄くいい匂い)出てます。

今年は呈茶席もあったので薄茶頂いてきました。

漆器で出てこないかな~と期待してたので、大量生産みたいな

器にはちょっとだけがっかりしちゃったんですが、

それはあくまで私の事情ですもんね。

どこかで美味しい薄茶がまた飲みたい!です。

 

その後、初めて稲庭城に行きました。

f:id:sakuma324:20160914220948j:plain

こんなお城があるとは、知らなかった…!

あまり期待せずに行ってみたら、予想外に楽しすぎて浮かれました。

もっともっと広報に力を入れればいいのに!!と思いましたが、

いや、私が知らないだけで、いろんなアピールはされている!?と

不思議に思いながら帰ってきました。もしあんまりされてないなら

勿体ないです。とにかく、私は楽しかったのです。

 

稲庭城の説明を簡単にすると、

鎌倉時代から約400年ほど県南一帯を治めていた小野寺氏の居住跡に

建てられたもので、そこに天守閣が作られている感じです。

場所は二の丸跡だとか。中世の典型的な山城とサイトに説明が

あったのですが、本当にその通り、かなり登った山の上にありました。

f:id:sakuma324:20160914220932j:plain

お城に行くにはスロープカーで行くんですが、これがまた楽しい!

駕籠の形をしている二両編成のスロープカーなんですが、

こういう仕掛けがあるだけで私は楽しくて仕方がない性格をしてるので、

他に誰もいないのをいいことにきゃっきゃっしてきました。

だって内装まで綺麗なんですよ。登りは上の方に乗ったのですが

帰りは景色が見たくて下の方に乗って帰ってきました。

出立の時には「おたーーちーーー!!」と男性声でアナウンスが

流れて送り出してもらえる事にも笑顔。あとは女性声で城跡や

周囲の説明が一通り流れます。登りきるまで数分かかったかな。

かなりの急勾配なので、スロープカーがあって良かった。

東北最大級のスロープカーと銘打ってましたが、主張するとこは

そこ??と思いましたけど、推しがそこならば!と受け入れて

楽しんできました。お城は4階建て、入場料は大人430円です。

中は本当に楽しい。期待していなかったというのもあるんですが、

どのコーナーも楽しくてにこにこしました。

 

特に刀。日本刀。漆塗り分けで孔雀石を散りばめて作ったという

柄巻太刀拵が飾ってあって、写真でわからないぐらいにめっちゃ

美しいという。ありがたやー!刀があるとは思ってもいなかったので

テンションが凄く凄く上がりました。太刀と脇差と短刀と槍が

一緒に展示してありましたね。剣槍というのは初めて見た気が。

うーん、面白かった。そしてときめいた。

f:id:sakuma324:20160914220940j:plain

館内に入る時に受付の方に写真を撮ってもいいですかと聞いたら、

どうぞどうぞ!と快諾してくれました。ありがたい話です。

その他、金の茶室や馬、風景画や美人画が描かれたこけし

近年海外とのコラボなどを手掛けた漆器、などなど。

見ていて楽しいものがいっぱいでした。

(その後いろんな人にお勧めしたら、みんな遊びに行ったらしく

楽しかった!!という話がいっぱいでした^^)

黄金の間は、別に秀吉がどうとかじゃなくて、多分金箔を扱う土地柄、

というアピールなのかな??と思います。

茶室だけにとどまらず、茶道具も仏壇も全て金箔張りだそうです。

f:id:sakuma324:20160914220938j:plain

で、小野寺氏とは??と。

仙北小野寺氏の名前は聞いたことはあったんですけど、私も実態は

よくわかっていなくて、良い機会だからその内勉強しようかな、と

思ってたところ、後日これも縁かな、ということがありました。

 

翌日、博物館で徳川将軍家と東北の企画展の繋がりで佐竹氏に

関する歴史学習会に参加していたところ、思いがけず小野寺氏の

名前も出てきて(東北ですから当たり前かもなのですが)

つまりは知りたかった情報が資料付きで提示されたのでした。

ありがたい!勉強会自体も面白かったです。

それはまた後日、書きたいと思います。貴重な体験でした~!

 

***

上記で書いた勉強会はこちら↓